スズメバチ駆除navi

*

スズメバチ駆除navi

年間1,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7773

フリーダイヤル0120-932-621

活動時期について

6月ごろまでは被害は少ない

被害件数は時期によって変わります。基本的に8月、9月、10月あたりに急激に増加し、その後はかなり減少します。これにはスズメバチの活動期間が大きく関わっています。一年を通しての、活動を見てみましょう。
春頃、冬眠から目覚めた女王バチは巣作りを始めます。働きバチが羽化するまでは単独で巣を作ったり餌を取りにいったりします。女王バチは攻撃的な性格はしておらず、人へ危害を加える可能性も低いので、5月から6月ごろまでは被害は少ないです。

夏から秋にかけて被害は急増

その後働きバチが羽化し、数が増えるようになると要注意です。8月9月10月の、夏から秋にかけて、働きバチのが活発になると、被害は急増します。働きバチは、女王バチと違って外敵への攻撃性が高く、少しの刺激を受けただけで集団攻撃をしてきます。被害に最も警戒しなければならないのは、この時期です。

春になると再び単独で巣作りに励みます

その後はオスバチや新女王バチの幼虫が羽化し、子孫を残し始めます。この時期になると働きバチはほとんど活動しなくなり、被害の危険性もかなり減少します。オスバチと新女王バチが巣を離れると、その巣は二度と使われる事はありません。こうして新女王バチは冬を越し、春になると再び単独で巣作りに励みます。
夏休みのレジャーや家族でのアウトドアなどの活動が多くなる8月9月10月に、スズメバチの活動も活発になります。スズメバチの活動時期を知り、きちんとした対策を練るようにするだけで、被害から免れる事ができます。備えあれば憂いなしです。

スズメバチは大変危険な生き物だと知っていただけましたでしょうか。こんなハチを駆除するのにお困りの方はたくさんいらっしゃいます。自分で駆除をしようとして被害を受けた方も・・・。駆除をするならハチ駆除の業者にお任せを!