スズメバチ駆除navi

*

スズメバチ駆除navi

年間1,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7773

フリーダイヤル0120-932-621

何故、人を刺すの?

何故、人を刺すの?

大部分のハチは自然の中で巣を作り、ターゲットとするのも他の昆虫です。しかし、それ以外の一部のハチが人を刺すという被害をもたらします。

巣が作られる場所が問題

ハチが人を刺すといった事件がおきるのは、まずは巣が作られる場所が問題です。人と接触するような場所に巣を作ると、ハチが人へ攻撃する場合が出てくるのは当然です。人家やその周辺に巣がある場合、そのハチが人を刺す可能性は非常に高くなります。このような場所に巣を作るのは、スズメバチやアシナガバチ、ミツバチの仲間だと言われています。

巣を寄りどころとして集団行動をとるスズメバチは、非常に社会性の高い種とされています。その理由として、①メスの中で、子孫を残す女王バチと子孫を残す事はないが働き続ける働きバチに分かれている②集団の中で、世代の重なりがある③幼虫を育てる際に、お互い協力し合う といった点が挙げられます。このような性質を持つのはこの種の中でも一部です。

高い攻撃性を持っています

その一部のスズメバチは特に、外敵から巣を守る意識が強く、高い攻撃性を持っています。ハチの中でもかなり攻撃的で、巣に直接刺激を与えなくても近づいただけで攻撃してくると言われていますが、それにはこのような性質が関係していたというわけです。
毒針をもって人を刺すのはメスのみです。針はもともと産卵管であり、それが変化したものなのです。働きバチは巣を守るために毒針を武器にしています。女王バチも毒針を持っていますが、巣を守る事より子孫を残すという役割の方が強く、あまり攻撃的ではありません。

こんなハチを駆除するのにお困りの方はたくさんいらっしゃいます。自分で駆除をしようとして被害を受けた方も・・・。駆除をするならハチ駆除の業者にお任せを!