スズメバチ駆除navi

*

スズメバチ駆除navi

年間1,000件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7773

フリーダイヤル0120-932-621

スズメバチの生態について

生態

ハチは、女王バチと働きバチがいるように、社会性を持った昆虫として知られています。働きバチは基本的にメスで、オスバチは働きバチにはならず、子孫を残す事に尽力します。

初めから女王バチと働きバチがいるのではありません。働きバチが羽化し始めるまでは、巣を作ったり餌を集めたりするために女王バチが一匹で飛び回ります。女王バチの出現時期が最も早いのが4月下旬ごろのキイロスズメバチとクロスズメバチで、5月下旬ごろ出現するヒメヅズメバチが最も遅いと言われています。

働きバチが羽化すると

働きバチが羽化すると、女王バチが飛び回る事は少なくなります。働きバチがかなりの数になると、女王バチは産卵するために巣にこもるようになります。この時期はたくさんの働きバチが羽化するので、巣が一気に拡大します。

オスバチや新女王バチとなる幼虫を育てる

その後女王バチは、オスバチや新女王バチとなる幼虫を育てるようになります。この時期になると、働きバチが新しく育てられる事はなくなり、巣は次第に縮小していきます。餌不足になると、働きバチはなんと幼虫を肉団子にして他の幼虫に与えるようになります。天候が悪く、外を飛び回る事が出来ないなどで深刻な餌不足になった時などの非常事態の場合、幼虫は非常食の役割も担います。
オスバチは9月下旬から11月、新女王バチはその1週間から2週間後に羽化します。オスバチと新女王バチが羽化を完了させると、子孫を残すため、やがて巣を離れる事となります。巣外で交尾を終えると、冬を越すための準備を始めます。冬を越すのは新女王バチだけです。巣を離れると二度と戻ってくる事はなく、オスバチと新女王バチが離れた後の巣は活動を終えます。再利用される事もなく、また冬を越したら女王バチが巣つくりをはじめるのです。

こんなハチを駆除するのにお困りの方はたくさんいらっしゃいます。駆除をするならハチ駆除の業者にお任せを!